『AZUKI』と『EPIK HIGH』、K-POPとクリプト

AZUKI officialより

 

K-POPとクリプト

韓国K-POPとデジタルは相性がとても良い。

コロナ禍に於いて、ONLINE コンサートをいち早く始めたのはK-POP。CGで作られた豪華なステージと、世界中のファンのデバイスをオンラインでつなぎ、生ライブを配信、リアルタイムに自分がステージに参加することが出来るアプリも用意され会話も出来、臨場感はハンパない。カメラワークも縦横無尽で演出はバッチリ!CGの龍がアーティストの前を舞う!!チケットは3,000円〜4,000円、世界中から何十万、何百万のファンが集う、チケットの売上は宇宙的な数字に…

推しのパフォーマンスを自宅で気軽に見ることができてコレもアリかな、と今だからこそのエンタメ、K-POPは嗅覚が鋭い、センスがいいと思う。私もONLINEコンサートで十分楽しませてもらっているから良さがわかる。(でも本音は”オフラインLIVE”に勝るモノ無しです)

ストリーミングなど韓国は日本以上に盛んで、最近は、アルバム売上もCDより、デジタル音源への比重がとても高いですね。

 

バーチャルな世界の、アバター、NFTに関しても韓国独自の戦略でジワリジワリと絡んできてるのは間違いなし。

音楽業界最大手の『SMエンターティメント』、イチオシの秘蔵っ子の”aespa(エスパ)”はメンバー4人構成のガールズのグループ、仮想世界に各メンバーのアバターが存在するという設定になっている。

MVには必ず彼女達のアバターが登場して不思議な世界感を作り出している。まるでメンバーが8人いるみたい、YouTube再生回数はカムバ(新しいアルバム、を出す韓国の総称)のたびに”億”を記録するから凄まじい(・・;

韓国の音楽産業”K-POP"は常に世界を意識して新しい戦略を練っているように感じる。

恐るべし…

SMのメタバス世界観拡張は今も続いている。2月、SMエンターテイメントの系列会社SMブランドマーケティングは、メタバースゲームプラットフォーム「ザ・サンドボックス」とSMエンターテイメントグループのメタバス&プレイトゥクリエイト(P2C)エコシステムとのコラボレーションのためのパートナーシップを締結した。これにより、サンドボックス内のSMエンターテイメントグループ専用のテーマスペースである「SMタウンランド」を造成し、コンサート、ファンミーティングなどのイベントを開催するという計画だ。

クリプト好きのK-POPオタクとしては、見逃せないワードが散りばめられていて落ち着かない。
ミーハー過ぎることは承知の上でワクワクしてくる、K-POPとクリプトの相性もすごくヨキ!!
BTSが所属するHYBEがNFT事業に参入、韓国の暗号資産取引所「Upbit(アップビット)」を運営するDunamu(ドゥナム)とパートナーシップを締結。合弁会社を設立し、NFT事業に参入することを発表している。
計画だけではなく、K-POPがNFTとコラボが現実になるニュースが今週はじめに飛び込んで来てドキドキ。。
ご存知の方も多いと思いますが『AZUKI』とのコラボですね。
『AZUKI』はフロア価格が27ETHとか…はるか彼方のお宝です、凡人はただ静観しているしか無い状況です(笑)
だからと言ったらなんですが
AZUKIと”EPIK HIGH”とのコラボが何を魅せてくれるのか、どんな展開になるのか期待してるのです。

AZUKIとコラボのEPIK HIGH

EPIK HIGH、米最大級の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」に3度目の出演決定!日本からはきゃりーぱみゅぱみゅも

 

ヒップホップグループEPIK HIGHがアメリカ最大の音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)」に3度目の出演を果たすこととなった。

2020年より新型コロナウイルスの影響で幾度となく延期を余儀なくされてきたが、今年2年ぶりに開催が決定し、この度出演アーティストが発表された。

本日(13日)、所属事務所のアワーズは「EPIK HIGHがアメリカ最大の音楽フェスティバル『コーチェラ・フェスティバル 2022』に招待された」と明かした。

2016年と2020年にも同フェスティバルに名を連ねたEPIK HIGHは、韓国歌手としては初めて、3度目の招待を受けて、韓国内外から愛されているグローバルアーティストとしての影響力を見せた。

「コーチェラ・フェスティバル」は、毎年春に米カリフォルニア州のインディオで2週間開催される音楽フェスティバルで、全世界で注目される最も熱い音楽イベントだ。毎年錚々たるミュージシャンが参加して、ロックやヒップホップ、エレクトロニックなどジャンルを分けず、様々な音楽に接することができ、ミュージシャンならば誰もが上がりたいと思う“夢のステージ”である。

 

▼Kstyleより 続きはコチラ

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2184911

・2001年 結成
レーベル:カカオエンターティメント

EPIK HIGH(エピック・ハイ、韓: 에픽하이)は、韓国の3人組男性ヒップホップグループ。グループ名は、英語の「epic」と「high」を組み合わせた造語であり、「詩に酔いしれた状態」または「叙事詩的な偉大さ」という意味を持つ。社会問題などを痛烈に批判した風刺的な楽曲を特色とする。

 

Coachella performance

コーチェラ・フェスティバルが、ついに3年ぶりにカリフォルニア州インディオで開催される。4月17日・24日(現地時間)にヘッドライナーを務めるはずだったカニエ・ウェストが直前になって出演を取りやめ、代わりにスウェディッシュ・ハウス・マフィアとザ・ウィークエンドが最終日のヘッドラインを飾ることになった。これまでも数々の伝説がコーチェラで生まれてきたが、ここで記憶に残るベストモーメントを振り返ってみよう。

K-POPオタクですが、実はEPIK HIGHもCoachella performanceも私にとっては初めての世界。
新しい知識はいつも刺激的。知らなければ調べて知識を深めるのみ。
AZUKIとのコラボ、メンバーの3人のキャラでNFTが描かれるのか、音楽NFTで配信になるのか、AZUKIのパーテイのステージに呼ばれてパフォーマンスをする…というのもありそうですね。これからの展開が楽しみです。
・Mithra Jin (ミスラ・ジン):本名 チェ・ジン
・Tablo(タブロ):本名 イ・ソヌン
・DJ TUKUTZ (トゥーカッツ):本名 キム・ジョンシク
韓国音楽事務所がNFTを計画してる間に、OPEN SEAで大成功しているプロジェクトがイベントに合わせてタイムリーに攻めてくる小気味良さがAZUKIっぽくて好きだな。

失敗して学ぶクリプトの世界。

AZUKIのDiscordに参加した途端にDMが送られてきて
Generative NFT の情報が届き、免疫なしに案内のURLをクリックすると、AZUKIのロゴを自慢気にレイアウトしたAZUKIっぽいサイトにリンク、0.1ETHで売出し中!残りのNFTの枚数が次々とミントされ残数のカウンターが減っていく。
まるでバーゲンセールの様なお祭り騒ぎにほだされ…ウォレットを繋ぎ0.1ETHで購入。少しするとカウンターの進みが鈍くなり、いつの間にか数字は停止、私の0.1ETHは闇に消えていきました…(T_T)
そんな失敗を実は2回ほどしていて(笑)、自分の欲深さと知識の無さに呆れて反省、”DMは二度と開かない”と身を持って誓いました。
公式Discordは最初の登録時に”DMは送りません”と記載されているのですが、詐欺師の罠にまんまとハメられました。
0.1ETH✕2回 程度のロスで”マシ”と思えるほど、全体の被害額は膨大です。あの手この手で詐欺師は接触してくるので本気で気をつけたいです。
私にとっては高い授業料でしたが、皆さんにお伝えすることで失敗も無駄にならず、今後のクリプトの発展に付与できます(笑)
『AZUKI』と『EPIK HIGH』Coachella performance
4/15〜👏👏👏

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事